できる範囲での『エコロジー生活』☆ 我慢しない☆頑張らない☆ 楽しむための『節約生活』☆いかがですか?
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期券の謎@その2
2007年09月24日 (月) | 編集 |
通学定期は、自宅最寄り駅~学校最寄り駅まで、というきまりがある。

長女の通う大学は、最寄り駅から徒歩10分。
しかしそれは 『大学の正門まで』 のこと。
体育館のある、いちばん奥までは、さらに15分ほど歩かねばならない。
夏の暑いときは辛いだろうし、冬はさらに辛いだろう。
だが、最寄駅からの路線バスが直接?学校に乗り入れ、体育館前で止まる。

体育の日(1限目)は、それに乗りたい、という。
生協でバスの回数券を買うと、かなり安いし、最寄り駅からの徒歩25分は、朝だったらかなりしんどいだろうから、そうするように言う。

ただ、彼女が降りる駅からは、発車しない>バス。

ひとつ手前か、ひとつ向こう、か、だ。

手前、なら、問題なく定期が使える。
しかし、ひとつ乗り越して、1区間分の運賃+バス代・・・となると、1週間に1度とはいえ、やっぱり躊躇してしまう。

が、そこで、良いもの発見。

大学のHPで 『次の駅までの通学証明、出します』 というもの。
そこからのバスの便がよいので、どうぞご利用ください・・・って。

早速、その通学証明をもらう。
(ただ、切符の運賃は同じ、だけど、
定期、となると1ヶ月あたり少し値段が上がる)

サークル活動でよく利用する駅でもあり、友達も何人か下宿しているし。



しかし、その 『最寄り駅まででない定期』 の事を、
                 駅員さんに聞いたときに・・・。




つづく・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。