できる範囲での『エコロジー生活』☆ 我慢しない☆頑張らない☆ 楽しむための『節約生活』☆いかがですか?
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おフランスの香り
2007年10月09日 (火) | 編集 |
今日の晩ご飯のおかずは 『ポーク・ロベール』 

フランス語を知らない次女も 『おフランスのお料理ですか?』 と。

そうかどうかは別として、私には、子供の時からの 
『ポークチャップ』 という、呼び名の方が、しっくりきます。

材料は、ブタロース肉とんかつ用、たまねぎ(大量)、にんにく、
白ワイン(肉、なのに)、トマト水煮缶、それだけ。

肉に小麦粉をまぶし、こんがり焼き色をつけて取り出し、そこに、にんにく&たまねぎを入れ、しんなりするまで炒め、ワインをたっぷり注ぎ、トマト缶を入れ、ちょっと煮詰めたところに、取り出した肉を戻して煮込む・・・というもの。

作り方自体は、いたって簡単。
硬いお肉でも、煮込むことで柔らかくなりますし。

しかし、『私の知っている ポークチャップ』 には、干ししいたけも入っていたのですよね。

それに、ハンバーグにしても、にんじん&ピーマンのみじん切り、が入っていて、結婚して、料理本を見て初めて 

『ハンバーグに入れるのはたまねぎだけ』 
                   
                   ということを知ったのです。

好き嫌いの激しい私のため、だったのでしょうが、すっご~~い、カルチャーショック

で、明日は 『ポーク・ロベール』 の、肉の美味しさのしみこんだトマトソースを使い 『トマトスパ』 そのあとは、ホワイトソースを作って 『ラザーニャ』 それでも残ったら 『ピザソース』 に。






         大量に作るのが、オススメです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。