できる範囲での『エコロジー生活』☆ 我慢しない☆頑張らない☆ 楽しむための『節約生活』☆いかがですか?
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天ぷら油で火災
2007年11月15日 (木) | 編集 |
天ぷら油で火災

@一定温度で自然発火
@増える少なめ使用派
@少量だと短時間で発火

100ccだと、3分40秒で発火するが、
500ccなら、10分以上かかる。

フライパンで揚げ物・・・私もそのひとり。
お弁当の少量の揚げ物も、少ない油でうまく揚がるし。
家族分だと、大きいフライパンで、ちょっと油の量を多くして。
(それでも水深?油深?2センチ位か)

少ない油は、温度が早く上がる⇒だから、少量の揚げ物に便利
揚げ物の用の鍋を持っていない⇒私も、そのひとりです

時々見かけるTVや雑誌でも 
『フライパンで揚げ物ができます』 と。

たっぷりの油での揚げ物は、ひっくり返す手間もなく、うまく揚がる。

水深?油深?2センチ位だと、
注意してひっくり返さないと、片面だけが 『こげる』
油温が上がりすぎて、表面だけがいい色になり 
『半生』 ってことも。

しかし、いろんなことに注意を払うと、意外とうまくいく。

たっぷりの油は、処理にも気をつかう。

私は、少量の油を使い、使用後は漉して、次回に新しい油を足して・・・という事を、ある程度繰り返し、最後に匂いのつきやすい、から揚げ系を調理して、廃棄。
たいていは、牛乳パックに新聞紙を入れて、冷ました油を注ぎ、口をガムテープで閉じて、普通ゴミに入れる。

そう、少量だからこそ、普通ゴミに入れることが出来るのです。

たっぷり使って、それを材料に、石鹸を作ってみたことも。
混ぜるだけで出来るもので、簡単ですから、何度かやりました。
でも、石鹸を使う、って事よりも、
廃油の量の方が多くなって、結局断念。

・・・で、フライパンで揚げ物・・・に、なってます。




     注意は必要ですが、便利でやめられないですね。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。