できる範囲での『エコロジー生活』☆ 我慢しない☆頑張らない☆ 楽しむための『節約生活』☆いかがですか?
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の晩ご飯
2008年01月14日 (月) | 編集 |
     昨日の晩ご飯

      @きりたんぽ風鍋

         たんぽ

         たんぽ
こんな感じで、きりたんぽ風鍋、を、作ってみました。

一昨日スーパーへ行った時、キノコ売り場にDVDが置いてあり
『キノコのおいしい食べ方』 を、見せていました。
暇だったこともあり、ひと通り見ていますと・・・きりたんぽ風鍋が。
普通のご飯を半殺しにつき、ちくわくらいにまとめて、オーブントースターで焼く、というもの。
意外と簡単そうだし、マンネリ化している鍋を、一新するために、挑戦☆

その日は、余分にご飯を炊き、昨日は夕方から 『ペッタンペッタン』 と。
少々、面倒くさかったですが、子供達の反応は 『美味し~~~ぃ☆☆☆』





     昨日の晩ご飯代4人前約900円
スポンサーサイト
お雑煮を、考える
2008年01月14日 (月) | 編集 |
たくさんの方々にご協力いただき、長女の 『お雑煮レポート』 は、提出することが出来ました。

私は、大阪は堺の出身ですが、父親が山口出身だったためと、大阪生まれではあるけど、
子供の頃からの 『白味噌雑煮トラウマ』 があった母親に育てられたため?
結婚するまでの24年間は 『大阪白味噌雑煮』 を、知らずにきました。
主人の実家は 『祝い事』 を、きちんとする家で、元旦早朝から(慶事は午前中、なんだそう)一族が集まり、お屠蘇に始まり雑煮で終わる・・・と、いう事を続けていました。

そこで私は、初めて 『白味噌雑煮』 に、遭遇。
母親から 『嫌い、まずい』 と、聞かされていたものの、婚家の慶事の食べ物を
『食わず嫌い』 することもできず・・・

しかし、調理が上手なのか、それとも、もともと美味しいものなのか、私には、そのお雑煮が、
とても美味しいもの・・・と、思われたのです。

年月を経て、義母が亡くなり、義父も長期入院となった今は、元旦の行事自体がなくなりましたが、そのかわりに自宅で、そのお雑煮を再現することに。

子供達に伝承できれば、と。

そして 『父方の実家の味』 である白味噌雑煮と 『母方の実家の味』 であるすまし雑煮を、元旦と2日に分けて味わいます。

大阪在住で、島根県出身の方は、その2種類に加え 『小豆雑煮』 も、作られるそうです。


そうやって、地域文化が融合するのでしょうね。





    



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。