できる範囲での『エコロジー生活』☆ 我慢しない☆頑張らない☆ 楽しむための『節約生活』☆いかがですか?
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よい夫婦と・・・?
2009年10月06日 (火) | 編集 |
音楽専科の講師といえども、休まれた先生のフォローとして、
テストの監督、自習の監督・・・という、仕事もありで。

先日、国語の担当を言い渡され。

その日は、新出漢字の書き取り。
すわっ、漢字を教えるの???と、思ったけれど、
子ども自身が、ドリルなどを使って自習するときの監督だと。

そのドリル、漢字の練習のあと、その漢字を使った短文を作るんだけど、
馴染みのない漢字だと、どうも、文がうまくうかばないらしい。

その日の6つの漢字のうち、困った子がまぁまぁいたのは 『製』
『~で作った、出来ている』 という、意味感が曖昧らしい。

そして、みんなが非常に困ったのが  『婦』 

どうも、何故か、ピン、とこないらしい。

例に挙げてある 『婦人服』 なる、堅苦しい言葉を使い、
『母が、婦人服のセールに行く』 とか、工夫する子もいたけれど。


机の間を縫うように歩き回ってみていると、ある子が。


   『よい夫婦と 最悪な夫婦』


                             ・・・って、君、なにかあったんですか???  



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。