できる範囲での『エコロジー生活』☆ 我慢しない☆頑張らない☆ 楽しむための『節約生活』☆いかがですか?
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

圧力鍋@その2
2007年09月08日 (土) | 編集 |
ネットで調べ、定価より安く手に入れた 『新型?圧力鍋』
ピカピカ(当たり前)の本体がまぶしい☆
今度こそ、ゴミ詰まりさせるのを防ごう、と、固い決心。

『おいし~~い』 といって、ご飯を食べた後は、
分解できる部分まで、きっちりはずして洗う。

し・か・し、今回のおなべは、圧力を掛け始め、
内部が密閉状態になる合図が、 『目視』 
以前の物は、 『耳頼り』 
要するに、他の事をしていても、音を頼りにガスの火を小さくできた。

だが、 『目視』 は・・・。

タイミングをよく見ていないと、ベンが大幅に飛び出してしまう。
『ご飯を炊く場合は、2本目のラインを目安に』 
・・・というのが、曖昧すぎる事もあり、 
『自分の感』 で、その目安を決めていた。

そうして、機嫌よくご飯を炊いていたのですが・・・。

1ヶ月もしないうちに、異常に蒸気や、
水滴(って、もんじゃない 『ボトボト』 って感じ)が出始めて、
爆発することはないだろうけど、疑問に思い、
発売元である、 『貝印』 に、お問い合わせ。

何回もやり取りするうちに、面倒くさくなったのか、
あるいは、本当に心配してくれたのか、 
『着払いで送り返していただけば、メンテナンスさせていただきます』 
とのメールが。

この時の状態が、メンテナンスしてもらう程かどうか、すごく悩んだけど、 
『爆発』 しちゃってからでは遅いので、頼むことに。

購入時の箱は、当然捨てていたので、 
『鍋本体』 が入る箱を探し出し、
取っ手の部分は新聞紙で被って・・・クロネコさんに。


           果たして、結果は???続く
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。