できる範囲での『エコロジー生活』☆ 我慢しない☆頑張らない☆ 楽しむための『節約生活』☆いかがですか?
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素数ゼミの謎
2007年09月10日 (月) | 編集 |
素数ゼミの謎 素数ゼミの謎
吉村 仁 (2005/07/12)
文芸春秋
この商品の詳細を見る


素数ゼミの謎・・・大変興味深く、へぇ~って思う本。
今年は、日本でも 『セミの当たり年』 なんだそうですが、
アメリカでも17年ゼミの発生が・・・という新聞記事のあとに、
本の紹介?欄で見つけ、図書館で借りてみた本。

大人向けの読み物か、と思いきや、
子供でも十分読めるし、楽しめるし、挿絵も面白い。

周期的に発生するセミの事を 『周期ゼミ』 というそうで、
その代表が 『17年ゼミ』 『13年ゼミ』 
これだけ聞くと、
13年、17年ごとに、セミの大発生があるようの思うのですが、
そうではなく、ほぼ毎年どこかの土地で、
どちらかのセミが発生しているのだとか(主には、17年ゼミ)。

その概数:1平方メートルに40匹=10平方メートルに400匹。
約、で考えると、

    6畳の部屋に400匹、って事。

     げぇ~~


そして、私達が 『セミ』 と認識する、
例えばアブラゼミ、とか、クマゼミ、とか、のように大型ではなく、
2~3センチの大きさ。
はっきりいって 『ハエ』




    ・・・わわわ、書ききれません、興味ありすぎて。
        是非、一読、してみてください☆
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。