できる範囲での『エコロジー生活』☆ 我慢しない☆頑張らない☆ 楽しむための『節約生活』☆いかがですか?
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お風呂は、ケータイでピッピッピ☆
2008年02月23日 (土) | 編集 |
・・・という、時代になってきているそうで。

何でも、家中の家電を、ケータイから操作できる・・・というのがあるらしい。

引っ越す前のマンションは、ベランダ外に湯沸かし器(?って、言いますか?あ、給湯器、かな?)があって、室内から種火はつけることができるけど、湯温調節は外で・・・って、タイプ。

それだって、私の子供時代から考えると 『かなり発展したタイプ』

当時は、お風呂にも、台所にも、洗面所にも、ってものじゃなく、お風呂のカマ口に付いてるやつ。
最後に入った人は、さっむ~~い冬だって、外に出て種火を消さなきゃならない、アレ。



で、引っ越してきた(もう10年以上前)ここは、かなり進歩していて、すべて屋内でのリモコン操作。

お風呂の予約もできるし、自動設定にしてれば、適温を保ちつつ、湯船に一定量のお湯を勝手に入れるし。



しかし、今や、ケータイ時代。

設定さえしてあれば、家中の家電は、ケータイから 『遠隔操作』
なんと、戸締りさえも、見張ってくれる。(さすが、鍵はかけてくれないようだけど)



・・・という、話を、長女としていて。

そういえばねぇ、昔長女にお風呂の予約を頼んで出かけた時 『ちゃんとフタ閉めといてねぇ』
 という私に 『はぁ~~い』 と、いい返事。

しかし、帰ってみると、お風呂にお湯は・・・ない。




なんとなんと  湯船のセン  を、はめてなかった・・・という。

そりゃ、確かに 『フタ』 とは言ったけど 『セン』 の事は言いませんでしたよ。

でも、賢いことに、センがされていないのを察知し、お湯張りはされてなかった、という。



機械化、の、すごさを、目の当たりにし、なんとも融通の利かない長女に苦悩したあの日・・・


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。