できる範囲での『エコロジー生活』☆ 我慢しない☆頑張らない☆ 楽しむための『節約生活』☆いかがですか?
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石鹸を考える
2007年08月25日 (土) | 編集 |
皆さん、使って小さくなった石鹸、どうしていますか?

私が子供の頃は、両親とも、 『古い石鹸にくっつけて』 
新しい石鹸と一体化させて使っていました。
よくそれが、はずれたのですが、根気よくくっつけ直して・・・。

で、私もそのように使おう、と試みたのですが、
面倒くさがりなのか、主人は、はずれてしまったら
そのままほったらかし、にしちゃうのです。
いくら小さいとはいえ、捨ててしまうのはもったいなく、
別にとって私が使っていましたが、
古くなると?どうも泡立ちが悪く、使い心地が悪いんですよね。
そう思っていたときに、本か新聞かで、 
『古い石鹸を水で溶かし、衿や靴下の汚れ落としに使う』 
というのを発見☆

石鹸は、本来とても汚れ落ちがいい・・・ということは知っていましたが、石鹸をつけて手でこする、ということを、手に湿疹ができてから怖くてできず、市販の液状スポット洗い洗剤?を使っていました。

しかし、この方法なら、ビンに入れて溶かした石鹸を、古ハブラシでとって、汚れ部分をこするだけで、手は使わない。

早速、ふたつきで可愛いから、と、取ってあったプリン容器に石鹸を入れ、水を注ぐ。
2、3日置くと、中はねっとりした感じに。

まず、合宿帰りの 『泥だらけの靴下』 を、ごしごし。
溶かした石鹸を塗りつけ、洗濯機に放り込む。
ピッピッピ・・・洗い上がったら・・・まぁ、きれい。
ビックリするほどきれいに。
液状スポット洗いなんかより、数倍きれい、っていうか、
まっさらみたいになっちゃってました。

次に、液状スポット洗いでは、完全にきれいにならなかった
ジャージズボンのすそ汚れに挑戦。
・・・これも、汚れが全く気にならないほどの仕上がり。


・・・わざと、水溶き石鹸、作らなきゃ???
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。